こだわり

 

:::::::::::::::::::::::::::

 

【布のかたち】

6月17日(水)〜30日(火)

11:00−16:00

※日曜日を除く・臨時休業有

 

今回はお気に入りの布やハギレを使った

かわいいものたちが中心です。

期間中も作っては出しの流れをとりますので

ぜひ何回か足を運んで見てください。

 

http://tekutekumama.jugem.jp/?eid=1592

 

:::::::::::::::::::::::::::

 

 

 

 

今日の空

青空がみえて気持ちいい

ところどころに厚い雲が流れていまが

晴れの1日になるかな

 

 

 

四季を問わずに活躍する

便利なヘアバンド

その中から

着物生地で作った1点を自分用に

リメイクからさらにリメイク

お気に入りの生地なので

大事に使います

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こだわること

 

こだわりは大事

何にこだわるのか

人それぞれで違う

 

大きくとらえてみるのか

小さな部分を見るのか

人それぞれ

 

 

何に執着し

何を手にするのか

欲する考えも

ひとそれぞれ

 

 

ひたすら執着しても手に得ないもの

それでも手にしたくて追いかける

追いかけて追いかけて手にしたとしても

手にするまでの行動が

どんな道のりだったのか

それもまた人それぞれ

 

 

こだわること

私にも大事なこだわりがある

愛おしく包み込み

感情の荒波の中でも

ゆったりと泳ぐ

大事なわたしという部分

どんなに大波がこようとも

乗り越えていける

そばにアンカーがいてくれる安心感

形ではなく心にある

私のこだわりを大事にしていこう

 

 

たわいもない私の独り言

 

 

 

 

 

 

おやおやっと

 

:::::::::::::::::::::::::::

 

【布のかたち】

6月17日(水)〜30日(火)

11:00−16:00

※日曜日を除く・臨時休業有

 

今回はお気に入りの布やハギレを使った

かわいいものたちが中心です。

期間中も作っては出しの流れをとりますので

ぜひ何回か足を運んで見てください。

 

http://tekutekumama.jugem.jp/?eid=1592

 

:::::::::::::::::::::::::::

 

 

 

今日は厚い雲に覆われた空

灰色が広がっています。

 

こんな日は

片頭痛もなかなか収まらず

やることを選び作業しなくては

憂鬱そうな空に

元気をくれるアンパンマン

書きたいことが山のようにあふれてくるけど

今日はやめておこう

後日どっさり書こうっと。

 

リバティー風の小花柄で

ブラウス1着

どうしようか迷ったけど

販売することに

デザインも一工夫

写真をupしませんが

手に取ってみていただき

どなたかのお気に入りになると嬉しいです。

 

あと1着分あるので

どんな形にしようかなあ

それも楽しみ

 

 

おやおや?不買運動中かな?というくらい

ひっそりとしていますが

本日openしておりますので

お時間合いましたらいらしてくださいね。

ゆるりとお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

つぎはぎポーチ

 

:::::::::::::::::::::::::::

 

【布のかたち】

6月17日(水)〜30日(火)

11:00−16:00

※日曜日を除く・臨時休業有

 

今回はお気に入りの布やハギレを使った

かわいいものたちが中心です。

期間中も作っては出しの流れをとりますので

ぜひ何回か足を運んで見てください。

 

http://tekutekumama.jugem.jp/?eid=1592

 

:::::::::::::::::::::::::::

 

 

 

てくてく つぎはぎポーチ

 

ハギレをつないで作ったポーチ

それぞれ大きさが違います。

アクセントに小さなボタンを付けて

なにかと活躍するポーチ

おひとついかがですか。

 

 

こちらも同じくポーチ

可愛い柄がとても気に入っています

 

 

 

 

ご注文の作業の合間に

自分用のブラウスを制作中

今日で仕上がるかな

アレンジしながら作っているブラウス

出来上がりが楽しみ

 

 

 

 

 

 

 

彼女は深く夢を見る

 

 

彼女は深い夢を見る

 

 

深く沈む感覚は

作り出すという空間に

すっと混ざり合うよう

 

夢と意識の境目を

ゆっくり進み

物語のなかへと溶けあわさる

幼いころからの夢の感覚

 

物語はやり直しもでき

何度となく書き換えられる

もう一度

もう一度

大好きだった父や祖父母たちとも

合うことができ時折会話もする

 

 

「夢」

 

 

何度となく来る眠りの時

何度となく夢を見る

思いをはせる夢

アドベンチャーにファンタジー

 

不思議なのは

いつも自分が分かっていること

夢を見ているという感覚が

夢の中の自分にもある

夢の中の自分に問うこともでき

何とも説明のしがたい夢の中

夢の中で起こった出来事を

大事だからと覚えるのに必死なのに

どんどん忘れていく感覚

 

記憶がこぼれていく

深く深く落ちていく

はらはらと舞い散る花弁のように

はじけ散る泡のように

 

繰り返しの日々

それでも眠りにつくと夢をみる

どんな夢を見るのだろうと

胸躍らせながら

 

 

彼女は深く夢を見る

 

 

 

 

 

たわいもない独り言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何を足し、何を捨てるのか

 

 

 

 

捨てること

 

物を捨てる

記憶を捨てる

考え方を捨てる

感情を捨てる

 

 

捨てていいもの

捨てたくないもの

大事にしたいものは大切に扱う

必要としないものは手放す

ため込むとあふれ出て

手を付けるまでに時間を要する

その時はとても大事にしていたもの

物も感情も

その時感じている自分の考え方で

どちらにでもなりうる

 

変わる自分

変わらない自分

歳を重ねながら

いろんなことに気が付き発見し

何を足し、何を捨てるのか

日々体験する

「私」を作るために

 

 

 

たわいもない私の独り言