違和感からの解放

 

 

 

いつかの空

 

 

 

感じていた違和感

 

変だなあ

なんでだろう

どうして

などなど…

 

 

大きな壁や厚いベールに覆われていたことが

はっきりとわかった瞬間は

世の中がとてもクリアに見えて

自問する事柄が大幅に減り

悩み考えていたことや時間は

逆に私にとって大きなプラスに。

 

自分軸はあったものの

ゆらゆらと不安定だっかけど

この二年間(8月で3年目)の経験と

先日出会えた本によって

しっかりとした自信につながりました。

 

成長するということを

少なからず実感でき

知ることへの不安や

他者との違いに

臆することなく対応できる

社会の本質がはっきりとわかったことで

自信をもって前に進めることができる

とてもスッキリした気分

 

悩むこ事柄や考える方向

自分と共に生きていく

 

 

「知る」ということ

 

とても苦しい時間を経て

味わえる解放感は

経験をした人にだけ訪れる

 

 

 

一歩前に踏み出すことは怖いかもしれない

違いを認めない空気に押しつぶされるかもしれない

それでもココロの中の自分の炎を絶やさないで

必ずあなたと共感できる人がいるから

あなたの声を受け止める共鳴する声を

誰かが出す共鳴の声をキャッチできるから

 

 

声を届けよう

気持を伝えよう

 

 

私の共鳴音が届きますように

 

 

 

 

 

 

たわいもない私の独り言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違う道のりでも

 

 

 

木々が好き

森や林、

ちいさな雑草だって好き

流れる雲や青い空

夕焼雲に夕暮れ時

地球上の海も川も湖も

動物も 人間も

見えるものすべて

暖かく包み込みたい

 

 

 

平和を願うことは一緒なのに

なぜ争いが起きるのか

 

 

力ずくで奪おうとすれば

誰でも力で取り戻そうとする

 

言葉の暴力を浴び続ければ

同じような憎しみの言葉が生まれる

 

たくさんの悲しもの中から

やっと穏やかな時間を作り出せたのに

また傷つけ奪う

権力という力を使って

 

 

 

それぞれの平和があり想いがある

ただ平和に向かって進む道が違うだけ

違うことを認め合えれば

穏やかな時間が流れるのでは?と

考える人はきっと多いはず

だって私もそう考えるから

 

武力ではなく

言葉を

 

権力ではなく

やさしさを

 

 

 

そう思う想いを持ちながら

私は闘っている

 

尊厳を踏みにじる行為に

人にではなく

その行動に激しく抗議するため

言葉を使い訴える

同じを求めるのではなく

違いを尊重できる社会に

理想主義者と呼ばれてもかまわない

だって私の「平和」だから

 

 

違いを認め合える日を夢見て

希望を捨てずに

届く声にする

 

 

 

 

 

今日着ている服は

私の大事な気持ちなの

 

 

 

 

 

 

 

 

ものつくり

 

 

 

 

こんな感じでどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分用に

 

 

 

 

 

 

 

 

やりたいことを少しずつ

今年は形にしてみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後半に

 

 

 

おはようございます。

 

7月も後半入り

朝はセミの鳴き声が響き渡っています

元気だなあ。

 

今週も色々書いていきますので

お時間あるときにでも読んでいただき

さらに感想も聞かせてもらえると

嬉しいです。

 

 

今日もひらめいたら追加で書きますので

チェックしていてくださいね。

 

 

さあ!やるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

今日の予定と

 

18日(土)

本日は在宅ワークです。

 

 

 

 

物事をどうみるか

 

自分のフィルター越しにみる事柄は

経験値で大きく変わる

 

偏った情報に耳を傾け

気持が楽なほうへと流れると

見るものはゆがんで見える

本来の形ではなく

妬みと嫉妬の物差しで比べると

裏と表が逆転する

 

同じ物差しが並んだ世界は

真っすぐにそろってきれいに見えるだろう

自分の物差しをちょっとでも崩すと

白い目で見られるような

強迫観念に襲われ

ココロはがんじがらめになって動けなくなる

思考を停止し同じように

居心地の良い空間に沈んでいく

 

 

視野を広く物事をとらえたならば

全体の形はよりはっきり見え

裏と表ははっきりわかる

縦と横の違いにも気が付くことができる

 

 

情報量の多さに惑わされないように

片っぽだけを見るのではなく

全体を見ることのできる自分を作っていこう

 

 

あなたは今

どの方向をみていますか?